コウノトリの伝説

コウノトリは赤ちゃんを運んでくると同時に幸せも運んでくる鳥です。
ですが何故このような事が言われるようになったのでしょうか?
その事実については今は有耶無耶になっていますがインターネットで高度なキーワードで検索すると載っていましたので紹介したいと思います。

外国には日本より子持ちの家庭が非常に多いのです。
ですが重篤な病気に罹ってしまい子供が欲しいのに中々授からない夫婦が居ました。
その家庭にはサンタクロースが入れるほどの煙突があったのですが、その煙突を覆いかぶさるかのようにコウノトリが巣を作り夫婦で愛を育み合っています。

愛を育み合ってから1年後メスが産卵を始めたんですね。
オスが一生懸命自分の体温で温めた甲斐があって元気の良い雛が産まれたのです。
その出来事が起きた途端に重病に罹っていた妻が健康になっていき元気になっていきました。
元気になって久々に自宅に帰ると今度は吐き気などに見舞われたので産婦人科に行ってみると妊娠していると先生に言われたのです。
そして元気な赤ちゃんが無事に生まれ幸せに暮らしている事でしょう。

これがコウノトリが赤ちゃんと幸せを運んでくれるという由来になっています。

続いて伝説ですが戦国時代に遡ります。
そして、ある武将が放った矢がコウノトリの足に刺さってしまい怪我をしました。
そして各地を飛び回り兵庫県の城崎温泉に降り立ったんですよ。
城崎温泉には鴻湯(こうのゆ)がありますのでその湯に浸かった所たちまち怪我が言えます。

 

元気な赤ちゃんが生まれますように ED治療